車の技術で防げる事故なら

車もこのごろは自動ブレーキや自動縦列駐車の機能が備わってきた車が出てきてますね。

すべて自動で運転する車も、もう実用段階まで来てるみたいだし。

でもできたらホントにそういう車があったほうが良いんだと思う。

特にお年寄り。

よくアクセルとブレーキの踏み間違えで事故が起こってるけど、高齢者が多いような気がするし。

車の技術で防げる事故なら防ぐように方向性があっても良いんじゃないかなーって思います。

収入証明書不要で

借金というとなんとなく重苦しいイメージですが、カードローンとなるとそれほど悪いイメージがありません。これは今の世の中の人がキャッシュカードというものを使い慣れているということがあるでしょう。店頭で現金を受け取るような借金だとお金を借りているという感覚が強いのですが、カードローン用のキャッシュカードでATMからお金を引き出せるカードローンは自分の銀行口座からお金を下ろしているような感覚で利用できるため心の負担が少ないのかもしれません。お金に困った状態の時にはそれだけでも心の負担が大きいですよね。さらにお金を借りる時にまで心の負担があるのとないのとでは大きく違ってくると思います。そんな時にすぐにお金を貸してくれてしかも保証人もいらない担保もいらないカードローンはとても助かる存在だと思います。一定額以内であれば収入証明書不要キャッシングできるところもあります。審査はあるものの消費者金融系のカードローンであれば収入証明書不要で審査の基準も緩やかなので比較的借りやすいでしょう。しかしその分少し金利は高い場合が多いようです。初回の借り入れの場合には最高金利が適用される場合が多いので、ネットなどで各金融機関の金利を調べてから申し込むといいでしょう。

お金を借りる時に気になるのが金利

お金を借りる時に気になるのが金利ですよね。すこしでも金利の安いところで借りたい!誰もがそう思います。
しかし、実はもう一つ気にしなければならないことがあるんです。
それは返済方式が何かということ。
返済方式?なにそれ?と思う人は多いと思います。
例えば30万円を年利18%で借入れて24ヶ月で返済するとします。金融機関の返済シュミレーションをしてみると毎月返済額は14,997円、利息は59,448円と出てきました。これは元利均等返済方式にのっとった計算なんです。
しかし、クレジットカードのリボ払いなどによく採用されている計算方式は残高スライドリボルビング方式です。これで同じように30万円をキャッシングして返済しようとします。
この残高スライドリボルビング方式では返済方法が借入残高1万円~10万円では月4000円、10万円~20万円では月8000円、20万円30万円では月11000円の返済というように契約で返済額が決まってきます。
さて30万円を借入してこの残高スライドリボルビング方式で返済シュミレーションをしてみると、なんと返済期間は63ヶ月、利息は119,477円にもなるのです!驚きの金額ですよね。今の即日振込み対応のカードローンでも30万円借りて約42万円を返済することになるのです。
キャッシングやカードローンを考えるときには金利+返済方式を確認することが大切です。

楽天カード

私は現在40代前半の専業主婦です。

正社員で働いていた20代独身の頃に作ったクレジットカードをずっと使い続けていましたが、
年会費がかかるため、他のカードに乗り換えたいと数年前から考えていました。

しかし、専業主婦となり個人の収入が無くなった今は、
クレジットカードの審査は通らないだろうと思って諦めていました。

そんな時に、テレビで楽天カードのCMを頻繁に目にするようになったのです。

「年会費永年無料」という宣伝文句に惹かれ、ネットで詳しい説明を読んでみると、
個人収入の無い専業主婦や学生でもWEB上で簡単に申し込みが出来るとのことだったので、
さっそくその場で手続きをしてみました。

すると、10日後くらいに何の問題も無くクレジットカードが送られて来ました。

本当に拍子抜けするくらいあっけ無くて、
今までよく調べもしないで乗り換えを諦めていたのが馬鹿馬鹿しく感じたほどです。

もちろんすぐに今まで使っていたクレジットカードは解約しました。

すでに楽天カードに乗り換えて一年以上経ちますが、楽天市場以外で使っても楽天ポイントが付くので、
ミネラルウォーターやお米など、定期的に楽天市場で買い物をしている我が家にとっては嬉しい限りです。

本当に乗り換えして良かったと思っています。

固定費の支払い

今から4年ほど前に、初めてクレジットカードを発行しました。
その頃は社会人になって何年か経っていたんですが、まだクレジットカードを1枚も持っていませんでした。
なんとなく「クレジットカードを持って、使いすぎたら怖いな」と思っていたからだと思います。
そのときに作ろうと思ったのは、クレジットカードだとポイントが付き、
またキャンペーン中で、クレジットカードを作った人にはボーナスポイントがもらえるということで
思い切って発行することにしました。
申請は簡単でインターネットで申し込みました。
自分自身のこと、職場のことなどを入力しました。
説明では職場に在籍確認をするかもしれない、というようなことが書かれていましたが、
実際には勤めていた会社に、在籍確認の電話連絡などはありませんでした。
小さい会社で電話を取るのはほぼ私だったので、確かだと思います。
申請してから審査が通ったという連絡はすぐにきました。
1週間かかっていなかったかもしれません。とにかく早かったのを覚えています。
その後カードも届き、ボーナスポイントも無事もらえました。
カードを使うときは、ポイントを貯めたいので、自分の出費の中で携帯代や定期代など、
固定費の支払いに使っています。

海外旅行とクレジットカード

以前、海外へ旅行した時のことです。現地のホテルで、まずチェックインの時にクレジットカードを提示し、チェックアウトの際に使用の明細を確認してカード決済をしたのです。
このチェックアウト時にルームサービスを利用したことの確認を求められたのですが、全くルームサービスは頼んでいなかったので、そのように話しました。その時フロントの男性はチェックし直してそのことを確認してくれたので、エキストラの支払いはゼロのはずでした。
ところが帰国後しばらくしてからカード利用明細が届きチェックしたところ、なんと訂正してもらったはずのルームサービス代がチャージされているのです。そこで、カード会社に連絡し事の経緯を説明したところ、カード会社の方から先方のホテルに確認をしてくれるとのことでした。しばらくしてからカード会社から返事があり、ホテル側が間違いを認めたのでその分の請求はなくなることを伝えてくれました。
このようなトラブルがあった場合、自分でまた現地のホテルに連絡をとってなどということは大変です。しかしクレジットカードを利用していたおかげでカード会社にそのような処理をしてもらえることとなり、つくづく良かったと思いました。

二枚目のクレジットカード

現在二枚のクレジットカードを持っている私ですが、
二枚目のクレジットカードを持つ時は、ドキドキものでした。
自営業になったばかりだったので、「入会は難しいかな?」と思ったのです。

と言うのは一枚目のクレジットカード入会の際に、
カードを持つって、それなりに難しいものなんだなと感じていたからです。

初めてのカードの入会検査を受けた時は会社勤めをしていた。
入会手続きの際に収入を書く欄があり、その時は堂々と記入できました。
しかし自営業というと収入が不安定です。
何か調査されるのかな?などと思っていたのです。

結果は、難なくクレジットカードを取得することができました。
今は入会検査が緩くなっているのでしょうか?
それともショッピングサイト系のカードだからでしょうか?
ショッピングサイト系は、
まずは多くの人に買い物をして貰うことが重要ですから。

免許証番号を書く欄があったので、よほど問題のある人でない限り、
入会できるようになっていると感じました。

こんなことを思いながら持った、二枚目のクレジットカード。
今ではネットショッピングを楽しんだり、
街での買い物の際に利用したりで大活躍。
しかしそれと同時に、銀行の通帳への入金を忘れないようにと、
気を配る生活を送っています。

カード払いで自宅に

私はお酒を飲むのがものすごく大好きです。
その日も、友人と4人で居酒屋を梯子し、たらふく飲み食いして気持ち良く終電に乗りました。
でも、お酒って利尿作用があるので、すごくトイレが近くなるんですよね。
電車に乗る前にきちんとトイレに行っておいたのにも関わらず、電車に乗っている時に
無性にトイレに行きたくて我慢できなくなってしまいました。
そこで、私は一人タクシーで帰るからと言い置いて、友人達と別れて途中下車したのです。
トイレに入ってほっと一息ついた時に、自分の手元を見て焦ってしまいました。
私の鞄がないんです。
トイレが限界で慌てて電車から降りたため、車内に置いて来てしまったようなんです。
鞄の行方も気になるし、財布がない状態でどうやって家まで帰れば良いのかと焦ってしまいました。
1人暮らしなので自宅には誰もいないし、現金は全て財布に入っているし。
そういえば、定期入れはコートのポケットに入れたなと思い出し、定期入れをチェックすると、
もしもの時用に入れておいたクレジットカードが一枚入っていました。
携帯もポケットに入っていたので、友人から鞄を忘れて行ったと連絡もあり、ほっとしました。
こうして、なんとかタクシーを使ってカード払いで自宅に帰ることができました。

ICチップ内蔵クレジットカード

以前、フランスに海外旅行に行ったことがありました。
パリでの移動手段としてよく使ったのが、「ヴェリブ」というレンタサイクルです。
パリの街中に何百箇所にも渡ってレンタサイクルのステーションがあり、それらの自転車を自由に使うことができるというシステムなのです。
そんなヴェリブを使うためには、最初に利用登録と利用料金を支払わなければなりません。
もっともお手ごろな料金としては、1日1ユーロという利用料金があります。
この利用料金の支払いに関してですが、クレジットカードでしか支払うことが出来ません。
しかも、ICチップが内蔵されているクレジットカードしか使うことが出来ないのです。
さらに、ICチップが内蔵されているクレジットカードを持っていたとしても、利用登録ができない場合もあります。
それは、クレジットカードを通す端末です。
端末はレンタサイクルのステーションにそれぞれ置いてあります。
実はフランスでは、この端末ごとの差がすごく激しいのです。
同じクレジットカードを通したとしても、認識する端末もあれば認識しない端末もあります。
私は何枚かICチップ内蔵のクレジットカードを持っていきましたが、認識するカードもあれば認識しないクレジットカードもありました。

クレジットカードを発行して持っていれば

現在、私に欠かせない物の一つがクレジットカードです。それでも以前までは全く利用していませんでした。やはり現金での買い物は安心感があったからです。そして何と言っても確実だと考えていました。
しかし面倒だと思っていたことがあり、特にインターネットショッピングの際に感じていました。それは支払いを行う時です。インターネットでのショッピングを行う場合、クレジットカード以外での支払い
方法は、代金引換や金融機関での振込み、コンビニ払い等があります。

しかし業者の中には、代金引き換えが不可能だったり、コンビニ払いを扱っていなかったり等、それぞれ異なるのです。しかしクレジットカード払いだけは、ほとんどの業者が導入していました。ですから
本当は欲しいと考えていたのです。そんなある日、通勤に利用している駅でクレジットカードの勧誘を受けました。どうやら年会費は無料で、もちろん発行においても無料です。これは良い機会だと考え、
初めてのクレジットカードを申し込みました。

そして今、買い物のほとんどにクレジットカードを利用しています。以前に比べると支払いが便利になったことで、より楽しくショッピングを行えるようになりました。今後も利用したいところです。

ある時いいものを見つけたがお金がないので買えなかった、とか、ネットで安いものを見つけたが振込が面倒だから諦めよう、というようなことを無くしてくれるのがクレジットカードの存在です。
私はよくネットショッピングをするのですが、やはりクレジットカードはありがたいです。
ああこれは安いなぁ、以前から欲しかったものだ、という時に出先からでもスマートフォンからすぐに購入できてしまうからです。
クレジットカードでの支払いなら銀行振込や郵便局まで行って入金する必要もなければ、代引きで余計な手数料を取られることもありません。
特にちょっとした本なんて買うのに代引き手数料や面倒な振込なんかしたくありませんしね。
それに会社によっては即日で発行可能なクレジットカードを作って持っているだけで様々な特典が得られたり、購入金額に応じてポイントが付いたりします。そして、ポイントが付けば次のお買い物がお得になります。
しかもクレジットカードを持ち歩けば高い買い物をするときでも現金を持たなくても良いので、現金の紛失、なんてことも起こりません。
クレジットカードを落としても直ぐに利用停止にできるので安心です。
そうやって考えてみるとクレジットカードは持っていればそれだけでかなり便利になるものなのです。