お金を借りる時に気になるのが金利

お金を借りる時に気になるのが金利ですよね。すこしでも金利の安いところで借りたい!誰もがそう思います。
しかし、実はもう一つ気にしなければならないことがあるんです。
それは返済方式が何かということ。
返済方式?なにそれ?と思う人は多いと思います。
例えば30万円を年利18%で借入れて24ヶ月で返済するとします。金融機関の返済シュミレーションをしてみると毎月返済額は14,997円、利息は59,448円と出てきました。これは元利均等返済方式にのっとった計算なんです。
しかし、クレジットカードのリボ払いなどによく採用されている計算方式は残高スライドリボルビング方式です。これで同じように30万円をキャッシングして返済しようとします。
この残高スライドリボルビング方式では返済方法が借入残高1万円~10万円では月4000円、10万円~20万円では月8000円、20万円30万円では月11000円の返済というように契約で返済額が決まってきます。
さて30万円を借入してこの残高スライドリボルビング方式で返済シュミレーションをしてみると、なんと返済期間は63ヶ月、利息は119,477円にもなるのです!驚きの金額ですよね。今の即日振込み対応のカードローンでも30万円借りて約42万円を返済することになるのです。
キャッシングやカードローンを考えるときには金利+返済方式を確認することが大切です。